SDGs

世界の紙の消費量推移は?消費量が多い国、増えている国はどこか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

世界で紙の消費量はどれくらいで、増えているのか、減っているのか、消費量が多い国はどこなのか、消費量が増えている国、減っている国がどこなのでしょうか。

世界の紙の消費量は年々増えている

世界の紙消費量推移

FAO Yearbook of Forest Products 2017より加工

世界での紙の消費量は毎年増えていっています。2013年で39.3億トンだったものが、2017年時点では41.1億トンに増えています。

国別でいうと、上位10ヶ国は中国、アメリカ、日本、ドイツ、インド、イタリア、メキシコ、韓国、ブラジル、フランスとなっています。

紙の消費量上位国

FAO Yearbook of Forest Products 2017より加工

紙の消費量が増えている国・減っている国

紙の消費量の推移を国別にみてみると、2013年と2017年を比較した際に紙の消費量の増加量が多い国上位5ヶ国で世界の消費増量を超えていることがわかります。

紙の消費量増加国

FAO Yearbook of Forest Products 2017より加工

では逆に消費量が減っている国をみると、実は日本が一番減っていることがわかります。

紙の消費量減少

FAO Yearbook of Forest Products 2017より加工

どの用途の紙の消費が増えているのかなどはまた別でご紹介します。

参考資料

FAO Year of forest products

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*